薬局に行くと薬剤師さんに聞かれる「ジェネリック医薬品に変更しますか?」というセリフ。ジェネリック医薬品(以下ジェネリック)という言葉はもう珍しいものではありませんが、正確に理解していてジェネリックに切り替えるかどうかを判断していますか?厚生労働省のホームページでは「後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものです」と説明されています。ジェネリックの対になる言葉が先発医薬品、いわゆる新薬として販売開始され特定の製薬メーカーが特許権を持つ薬です。その先発医薬品の特許期間切れに伴い「薬として同じ効果効能を持ったより安い薬」が各社で開発されたものがジェネリック医薬品となります。現在では政府や健康保険組合の積極的なジェネリック医薬品の利用推進によりその普及は進んでいます。平成27年9月のジェネリックの数量シェアは56.2%、平成29年には70%以上の目標を厚生労働省は立てています。
ジェネリックに切り替える意義はざっくりいうと「国全体の医療費削減」、そして「あなたの薬代が安くなること」。どちらも「処方箋(処方せん)と引き換えに購入する薬の値段が安くなる」という「薬の値段を安く抑えること」を目的としています。つまり、私たちがジェネリックに切り替えることで、薬局で払うお金が安くなり、ひいては膨れ続ける医療費の増大をわずかばかりですが抑制することに貢献できるのです。「ジェネリックって本当に先発品と同じなの?」「安いけど安全なの?」などという不安をお持ちの方は、厚生労働省がジェネリックに関する質問に回答しているQ&A集がありますので、こちらを参考にしてみてください。
引用元: ジェネリック医薬品への疑問に答えます
(厚生労働省提供資料、18MBありますのでご注意ください)
最近では「オーソライズドジェネリック」という薬も出てきました。これは先発医薬品と全く同じ成分(先発品の有効成分や添加物、製造方法まで全て同一)のジェネリック医薬品のことで、先発医薬品メーカーが特許権を許諾してジェネリック医薬品として販売しているものです。一般的なジェネリックでは薬の効果効能は先発品と同じでも配合する添加物が違ったり製造工程が異なりますが、このオーソライズドジェネリックはそれらも先発品と同一のため、いわば「先発品と全く同品質で先発品より安い薬」です。
ではジェネリックがどれくらい安いのか、例を上げて計算してみましょう。花粉症などのアレルギーに対してよく処方される「アレグラ」という先発医薬品があります。このアレグラにはジェネリックもオーソライズドジェネリックも存在します。それぞれの薬の値段を比較してみると、以下のようになります。
  • 先発品 アレグラ錠60mg      64.9円
  • アレグラジェネリック         19.4円~34.4円
  • アレグラオーソライズドジェネリック 34.4円
  • こうしてみると先発品に対してオーソライズドジェネリックで約半額、一般的なジェネリックで最安値のものだと約7割安で、劇的に薬の値段が安くなることがわかりますね。ただし、こんなに安くてお得なジェネリックですが、どこの薬局でも在庫を取り揃えているとは限りません。「薬の値段を安くしようと思ってジェネリックを希望したけど、薬局に在庫が無くてできなかった」というケースもあるのです。そこでおくすりロコでは、「ジェネリックに強い薬局」を厳選しました!全国の薬局には「施設基準」という薬局の評価項目のような指標があります。その中に「後発医薬品調剤体制」というものがあるのですが、この基準をクリアした薬局は「ジェネリックを積極的に推進している薬局」といえます。
    私たちの生活に身近な薬、その値段を安心安全に安くすることのできるジェネリック。あなたの身体にもお財布にも優しい「ジェネリックに強い薬局」で積極的に薬剤師さんに相談してみてください!
    ・各掲載医院の情報は2017年12月時点のものです。
    ・調剤技術料金表記に関して:
     ※1 1点10円計算 ※2 自己負担3割計算

    ■注意■処方箋(処方せん)の内容によりジェネリックに切り替えることが不可の場合もあります。必ず薬局・薬剤師さんと相談してください
    おくすりロコのサイトでは、掲載する全薬局について独自に「後発医薬品調剤体制加算(1,2)を有する薬局をデータベース化しています。その為、ジェネリックを積極推進し体制を整えている薬局を正確に判定できるのです。

    JR三山木駅周辺で「ジェネリック」に強い薬局・ドラッグストア1選!その処方箋、お値段安くできます!

    ※各薬局の調剤技術料金は基本的に毎月情報が更新されます。

    調剤技術料金ランキング
    薬局名 調剤技術料金 処方箋予約
    ユタカ薬局 三山木 590円

    ユタカ薬局 三山木 JR三山木駅 車4分/徒歩6分

    ユタカ薬局 三山木の料金情報

    調剤技術料金:590円 ※1
    (内訳:調基1 41点+後発調1 18点)
    3割負担時:177円 ※2
    再訪時お薬手帳持参で安くなる薬局
    調剤技術料金の詳細はこちら

    ユタカ薬局 三山木の写真

    ユタカ薬局 三山木の画像

    ユタカ薬局 三山木へのアクセス

    住所: 京都府京田辺市三山木西荒木8番地
    地図をタップすると地図アプリで大きく表示できます

    ユタカ薬局 三山木の口コミ情報

    20代・女性
    総合評価(3.5/5)
    清潔感(5/5)
    待ち時間(3/5)
    気遣い(3/5)
    親子での利用(4/5)
    ”薬局内はきれいで清潔感があります。車がないので、最寄り駅から少し歩かないといけない為、雨の日などは少し不便かなと思いますが、歩けない距離ではないです。待ち時間についてはごく普通です。お店の方の対応は割と良いです。”
    30代・女性
    総合評価(3.7/5)
    清潔感(3/5)
    待ち時間(5/5)
    気遣い(3/5)
    親子での利用(4/5)
    ”このドラッグストアの近くにある病院がかかりつけなので、処方箋が出た時には帰りがけにここで調剤をしてもらうようにしています。合わせて買い物をしていくことができるので、特に風邪を引いている時などには無駄がなくて済むのが助かります。”

    ユタカ薬局 三山木の営業時間

    営業時間
    ■月曜日  09時00分 ~ 18時00分
    ■火曜日  09時00分 ~ 18時00分
    ■水曜日  09時00分 ~ 18時00分
    ■木曜日  09時00分 ~ 18時00分
    ■金曜日  09時00分 ~ 18時00分
    ■土曜日  休業日
    ■日曜日  休業日
    ■祝日   休業日

    ユタカ薬局 三山木の処方箋予約はこちら

    予約する
    予約する

    ユタカ薬局 三山木の他の写真


    ユタカ薬局 三山木のより詳しい情報はこちら

    JR三山木駅で検索されている薬局

    京寿薬局 三山木店 三山木駅 車4分/徒歩1分

    調剤技術料金:950円 ※1
    (内訳:調 32点+調基1 41点+後発調2 22点)
    3割負担時:285円 ※2
    再訪時お薬手帳持参で安くなる薬局

    ・住所:京都府京田辺市三山木高飛35-1サザンルネス三山木1F
    ・TEL:0774-68-6677
    ・休診日:
    京寿薬局 三山木店の詳細はこちら

    JR三山木駅ご紹介薬局のまとめ

    ユタカ薬局 三山木 ★JR三山木駅 車4分/徒歩6分★

    調剤技術料金:590円 ※1
    (内訳:調基1 41点+後発調1 18点)
    3割負担時:177円 ※2
    再訪時お薬手帳持参で安くなる薬局

    ・住所:京都府京田辺市三山木西荒木8番地
    ・TEL:0774681300
    ・休診日:土曜日、日曜日、祝日
    ユタカ薬局 三山木のお薬予約はこちら

    • 記事掲載情報は、執筆時点のものです。
    • 調剤技術料の計算は、各厚生局より入手可能な「届出受理医療機関名簿(薬局)」を元に独自集計しております。
    • 当社が提供する記事を閲覧した利用者側の解釈について、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。また、この記事を閲覧した利用者が、記事内容を元に行った判断・行動、それに伴う結果を保証するものでもありません。利用者さまご自身の責任の下に、判断・行動をして頂くようお願い致します。